経口避妊薬の種類と使い方の紹介

経口避妊薬には女性ホルモンが含まれ、排卵を抑制し、子宮内膜の増殖を抑制する役割があります。経口避妊薬を正しく服用すれば、避妊率は約100%に達成でき、コンドームよりも高い避妊効果があります。避妊法の中には、経口避妊薬意外に、IUDや不妊手術があります。しかし、この2つの方法は出産経験の無い人には適しません。最も確実で安全性の高い経口避妊薬により、「望まない妊娠」からご自身を守ることができます。

経口避妊薬にはいくつか種類があります。最初に処方されたものが体質に合わなかった場合は医師に相談して違う種類を試してみると良いでしょう。代表的な経口避妊薬は以下の2つですが、このほかにもジェネリック薬品やホルモンの配合量や種類が違うものが沢山あります。

▲トリキュラー

エストロゲンの量は全て一定ですが、黄体ホルモンの量が3段階になっており、飲む時期によって変えます。ホルモンの総配合量を低く抑えているので副作用がでにくいです。飲み間違えに注意が必要です。

▲マーベロン

ホルモンの配合量は全て同じです。飲み方によって生理の始まる日をある程度コントロールできます。ニキビができにくい作用もあります。服用を始めたばかりの頃はむくみが出ることがあります。

経口避妊薬の使い方は21日間同じ時間に1錠飲み、7日間休みます。この間に生理がきます。そしてまた21日間服用するのを繰り返します。1枚の薬シートに21錠入っているものと、28錠入っているものがありますが、28錠のものは飲み忘れ防止のために7個の効果がない偽薬がプラスされています。一番最初のスタートは経口避妊薬の種類と、希望する生理予定日によって変わりますが、概ね生理初日から7日の間です。服用を始めてから最初の2週間はコンドームによる避妊が必要です。経口避妊薬を中止するのはいつでも構いません。服用を中止すると2か月以内に排卵が再開します。最初の生理を待たずに妊娠しても問題ありません。

避妊手術の方法と費用の紹介

避妊手術とは、女性や男性の生殖機能をなくすことを目的とした手術のことです。コンドームやピルなどの避妊具もありますが、避妊手術を行うとほぼ100%、永久的に避妊ができます。金銭的な理由や明確な家族計画によって手術を検討している人、帝王切開の出産が続いてこれ以上の妊娠は母体に危険が及ぶと判断された人にとって確実な方法といえます。

女性の避妊手術は「卵管結紮術(らんかんけっさつじゅつ)」という方法がとられます。腹部を切開し、そこから腹腔鏡を使って卵巣から卵子を運ぶための卵管を切断して糸で縛ります。切断せずにプラスチック製のバンドやクリップなどで留める方法もありますが、どちらも卵子が子宮内へと運ばれるのを防ぐのが目的です。手術自体は日帰りでできる簡単なものですが、まれに腸管損傷や切開部分に感染症を起こすといった合併症が現れることもあります。ちなみに男性の避妊手術は「精管切除術」で、「パイプカット」とも呼ばれます。精巣から精子を送り出す精管を切断して縛る方法で、こちらもほぼ100%の確率で避妊できます。ただし、精管切除術を行えば新しい精子が精管を通じて送り出されることはなくなりますが、これまでに生産された精子が精嚢という場所に蓄えられているので、15~20回ほど射精を行うまでは、コンドームなど別の方法で避妊する必要があります。

女性の避妊手術にかかる費用は病院によっても異なりますが、約20万円前後かかるといわれています。男性の避妊手術は約10万円前後と女性に比べて低価格でできます。また避妊手術には保険が適用されず自己負担となるので、手術を受ける前に病院に手術の総額がいくらになるのか確認しておくことをおすすめします。

避妊手術は永久的な処置で、今後「妊娠しなくてよい」という強い意志で行うことが前提です。しかし、もし避妊手術の後で考えが変わったという場合には、切断した卵管や精管をつなぎ合わせて生殖能力を回復させる方法はあります。ただし、つなぎ合わせた後の妊娠率は手術前に比べて格段に低下することが分かっているので、安易に考えないようにしたいですね。また、不妊治療の一つ「体外受精」によって妊娠する方法もありますが、こちらもやむを得ない場合の方法だと考えておきましょう。

コンドームを使わない避妊方法について

バースコントロールのためにも避妊は大事なことになります。自分の人生を守ること、生まれる子供の人生を守るために適切な避妊を行った方が良いです。では、女性の皆さんはどのような避妊法を選択しているのでしょうか。ここではコンドームを使わない避妊方法の中のおすすめ方法3つを紹介いたします。

1.ピル

ピルとは卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2つの女性ホルモンが含まれた経口避妊薬です。毎日飲むことでホルモンの分泌を調節し、排卵や受精卵の着床などを防ぐ役割があります。ちゃんと服用すれば、約99.9%もの避妊効果があるため、コンドーム以上に安心で、失敗がなく安全かつ確実な避妊法と言えます。 ピルというと産婦人科でしかもらえないと思っていませんか?実は今ネットでも簡単に購入できます。海外サイトから安心の保証付きの日本のサイトまで様々です。しかもネットで購入すれば産婦人科で掛かる金額よりはるかに安く手に入れることが出来ます。ピルを飲めば毎日基礎体温を測る暇がない人にも 自分で排卵日を調整することが出来るので楽で確実です。

2.殺精子剤

殺精子剤とはその名の通り、精子を腟まで行き届く前に殺してしまうお薬のことです。フィルムタイプになっており、性行為の15分前には挿入をしておかなければなりません。殺精子剤の持続時間や大体2~3時間程度で、薄く透明なフィルムなのでスグに溶け、ジェル状になります。また、ジェルやクリームなどと異なり、塗布する必要がないことや使用後に洗い落とす必要がないため手軽に使用できます。しかし、その避妊率は94%で、ピルと比べてやや低いです。性行為前に挿入する手間と、殺精子剤だけでは不安なので、コンドームとの併用を推奨されています。

3.避妊具

避妊具を装着することも避妊方法のひとつとなります。避妊具には主に3つがあります。

★リング

IUDやIUSと呼ばれ、産婦人科で装着してもらう必要があります。装着が不安定な最初の2ヶ月はコンドームによる避妊が必要になRます。一度の使用期限は2年~5年と言われ、出産経験がない女性は装着すると痛みを伴う場合があるデメリットがあります。

★ミレーナ

2014年9月から過多月経の治療に対してのみ保険適応となっています。ミレーナの副作用として、月経周期の異常や不正出血など約88.8%の方に何らかの月経異常が出ることがあるそうです。こちらも産婦人科により装着してもらう必要があります。出産経験のない人は痛みを伴う場合があります。

★ペッサリー

子宮の入り口に装着するゴム製のフタのような避妊器具で、子宮への精子の侵入を防ぎます。器具に殺精子剤を塗り、セックスの前に自分で装着する必要があります。射精後約8時間はそのままにし、そのあと 24時間以内に取り外します。きちんと洗えば繰り返して使うことも可能ですが、産婦人科にて使用方法について指導を受ける必要があります。 避妊率は80%程度で完璧とは言えません。また慣れないうちは装着が難しく、きちんとした使用方法が出来ずに避妊失敗するというリスクもあります。

以上コンドームを使わなくても避妊できる3つの方法をご紹介しました。まとめると、一番リスクがなく安全なのはピルです。女性の手間や負担を考えた上でピルをおすすめします。パートナーと2人で安心してセックス出来る方法を是非2人で探してみてください。望まれない妊娠を防ぐためにも、パートナーとあなたの未来の為にもコンドーム以外にも避妊方法があることを知っておきましょう。

避妊薬の効果と服用方法について

望まない妊娠を避けるときに、避妊薬として「低用量ピル」が使われる場合があります。日本での普及率はまだ高くありませんが、避妊効果が高いことからほかの先進国では広く利用されています。また、避妊効果だけではなく、生理不順や重い生理痛の治療にも使われます。今回は低用量ピルについて、その避妊効果、服用方法などの知識を紹介いたします。

1.低用量ピルとは

低用量ピルは経口避妊薬、つまり避妊を目的とした飲み薬の通称で、英語ではOral Contraceptives(OC)と呼ばれています。日本では医師による処方が必要な自費診療の枠組みに入っています。低用量ピルの避妊効果は、毎日飲み忘れなく服用することによって確実になりますので、女性自らが自分の意思で避妊を選択することができるお薬だと言えます。

2.低用量ピルの避妊効果

低用量ピルを正しく使えば、ほぼ100%避妊できます。なぜなら低用量ピルを服用することで避妊できるのか?低用量ピルで妊娠する仕組みが停止させるからです。低用量ピルには「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という2つの女性ホルモンに似た成分が含まれています。服用することで体内ではエストロゲンとプロゲステロンが分泌されている状態になり、妊娠したときと同じホルモンバランスになります。すると、脳が「妊娠している」と勘違いをして、次の排卵を起こすことがなくなってしまうのです。ちなみに、排卵が止まって生理が来なくなってしまうとはいっても、服用をやめれば再び生理は始まります。

3.低用量ピルの服用方法

低用量ピルの服用方法は1日に1錠を、生理開始時から飲み始めるのが基本です。低用量ピルを初めて利用する場合は服用開始から8日目以降で避妊効果が現れ、翌月以降も服用を継続すれば常に避妊効果を得られるようになります。

ただ、低用量ピルのタイプによって服用期間が少し異なります。低用量ピルは1ヶ月分として21錠だけ入っているのが基本で、これは21錠タイプと呼ばれます。生理周期にあわせるように21日間毎日服用した後に7日間服用を止めてから、また翌月分の21錠を継続服用するという飲み方なので、服用期間が一時中断されることになります。

しかし、これでは服用期間を間違えてしまうこともあるため、服用を止める7日間も1日1錠の習慣を継続できるように、効果のない偽薬を7錠付け加えた28錠タイプが作られました。28錠タイプがあることで、「1日1錠」を習慣付け、飲み忘れを防ぐことができるというわけです。

避妊ピルのそれぞれ|大人気事後ピル・アイピル

避妊方法は本当に知っていますか。シアリス自分の場合はどうやっていいですか?今日、ここで本当に妊娠したくない方に対して避妊方法また避妊薬を紹介させていただきます。よかったら、是非ご覧下さい!

避妊タイプ
1.まだ学生さん
まだ学生さんのあなたは勉強や部活、そして恋愛と青春を楽しむことはほんとに素敵だと思います。 だから、このようなあなたにはカラダの変化や避妊についてきちんと知っておくことも大事!

2.今働いている
働いているあなたは自立心がきちんとあります。だから、女性が主体となって取り組める避妊法がおすすめ!

3.赤ちゃん一人目が生まれたばかり
ついつい赤ちゃんを優先して自分のことは後回しにしがち。でもあなたの健康は赤ちゃんにとっても家族にとっても大切です。だから、体のこと、ファミリープランも含め考えてみましょう。

1.避妊ピル

これは卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれた錠剤をのんで排卵を抑制するということであります。

避妊ピル
ピルには女性ホルモンが配合されていますが、含有量によって用量に分けられます。ホルモンの含有量50μg未満が低用量、50μgが中用量、50μg以上が高用量です。勃起不全ホルモン含有量が高いほど高い効果を実感できますが、その分、副作用も懸念されます。

昔の日本においては月経不順やトラブルの治療薬として用いられるのが一般的であり、ここで用いられていたのは中・高用量で、避妊目的の低用量が認可されたのは2000年近くになってからです。

避妊ピルの副作用
1.避妊ピルを服用するとしばらくは吐き気や頭痛を感じたり、乳房のはりを感じることがあります。

2.健康な方の場合は、3日ぐらいで気になる症状が改善されることが多いです。

3.生理が始まった日から、服用を始めて21日間服用をする必要がありますが、飲み忘れをすると不正出血が見られる場合があります。

避妊ピルのメリット
メリットは女性が自分で行える。錠剤を毎日一定の時間帯にのみます。精力剤正しくのめば確率の高い避妊が期待できます。

2.コンドーム
薄いゴムの袋をペニスにかぶせて精液が腟の中に入るのを物理的に防ぐということであります。

デメリットは破損や脱落、装着ミスなど可能性があります。

上述にいった方法は妊娠したくない人たちに対してよく使う方でしょう。コンドームの方はもしコンドームが破れてしまったらどうします?そして、避妊ピルを服用の方は効果には個人によって差があり、今服用する避妊ピルは効果があまりなかったらどうします?この二つ状況があった時、モーニングアフターピルつまり事後ピルという薬が必要なんです。

モーニングアフターピル・事後ピル
モーニングアフターピルとはコンドームが途中で破れてしまった・外れてしまった・コントロールがきかずに無防備なセックスをしてしまった・レイプされた、など、妊娠の可能性が高いセックスをしてしまってから72時間以内に行う事によって、望まない妊娠を4分の1に減らす事のできる方法です。

ノルレボというモーニングアフターピルを例として少し了解しましょう。

ノルレボ(成分名レボノルゲストレル)は女性ホルモンの一種の黄体ホルモンの製剤で、排卵を止める効果がある。性行為後72時間以内の服用で、妊娠の確率 が4分の1に減り、副作用も軽い。

主要な成分はレボノルゲストレルであります。

レボノルゲストレルとはホルモン製剤の一つであり、様々な避妊手段に用いられる

レボノルゲストレルが最初に作られたのは1960年代で、1980年代に避妊薬として使用され始めた。世界保健機関の必須医薬品のひとつで、基本的な保健システムに欠かせない最も重要な医薬品である。

ノルレボの服用方法は
1.性行為後から服用までの時間が短ければ短いほど避妊率が高くなります。

そして、24時間以内の服用は、95%以上。72時間以内の服用は75%以上の成功率と言われています。

2.72時間以内に1錠を服用して下さい。

今購入できる大人気なモーニングアフターピルつまり事後ピルはアイピルというノルレボのジェネリック薬であります。

ジェネリック
ジェネリックとは英語でGenericと表記し、「一般的な」、「ブランドに囚われない」といった意味の言葉である。では、医薬品の場合はジェネリック医薬品とはつまり、特許が切れた医薬品を他社が作成した後発医薬品です。

ジェネリック系薬は先発医薬品と同じ成分が含まれ、同じ効果と言う特徴が持っています。でも、ジェネリック系薬は本物と一切同じじゃなくで、違うところがもちろんあります。これはジェネリック系薬を製造また販売する時、先発医薬品の持つ特許のうち、新しい物質に与えられるまた新しい効能と効果に与えられるという2つの期間が満足していなければなりません。

だから、ジェネリック系薬は先発医薬品と同じ場合はただ主要な成分しかないです。

上述に言った通り、アイピルはノルレボと同じ成分を持っています。でも、ノルレボの価格に比べてもっとやすいモーニングアフターピルです。

アイピルの成分はノルレボと同じでレボノルゲストレルであります。

アイピルの副作用は飲みはじめから24時間以内に起こる副作用は、主に吐き気・頭痛・胸の張り・不正出血が見られます。こっちの方は避妊ピルの副作用から見ると同じところが確かにあります。

アイピルの注意するところは服用後、3時間以内に嘔吐した場合また効果が薄れる可能性があります。

値段の場合
アイピルは事後ピルノルレボのジェネリック薬ので先発医薬品事後ピルノルレボよりもっと安いの薬であります。これはジェネリック薬のメリットであります。

>>ペニスが短い原因がいろいろあり、原因によってペニス増大を促す方法も様々です。今のペニス増大に役立つ精力剤の市場で巨人倍増、威哥王、三便宝という三つの医薬品がよく売られています。

>>女性用媚薬を使用する時、いくつかの注意点があります。もしそれらの注意点を重視しなければ、副作用が出てくるかもしれません。

>>早漏は普通の射精機能障害と認められています。自分の無意識に射精してしまう状況です。早漏の発病率は成年男性の三分の一に達します。成年男性の中に早漏は珍しくない病気です。

>>レビトラの効果は多くの体験者に承認されていました。軽い食事に影響されないので、普段の生活に対してとても便利です。